<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

窓辺の〇〇

f0291155_1455559.jpg

f0291155_1423483.jpg

f0291155_15573935.jpg
f0291155_1631555.jpg
f0291155_14301793.jpg


薄い色の 紫陽花に赤いミニバラをあしらってみました
f0291155_103384.jpg
f0291155_10512.jpg
f0291155_17185811.png
f0291155_1785490.jpg

f0291155_17105464.jpg

f0291155_1542019.jpg

五月に頂いたブーゲンビリヤが、一度終わった後、時折 水やりをしていたら、再び咲きだしたので、カメラを向けてみました。
[PR]
by shodais | 2013-06-23 15:55

水彩画

f0291155_10424436.jpg

f0291155_17364423.jpg
f0291155_17373911.jpg
f0291155_17382511.jpg

f0291155_10144235.jpg

f0291155_16661.jpg
f0291155_16271978.jpg

f0291155_10152890.jpg
f0291155_1273765.jpg

f0291155_155456.jpg

以前 絵画クラブで写生に出掛けた折、三角港まで行き友人等と楽しい時間を過ごしました。手前の船を描いている途中で「ボーッ」と汽笛をならし出航して行きました。未完成の船は帰宅後に棚の上の模型の船に描き換えました。
[PR]
by shodais | 2013-06-19 10:01

手描友禅

おしどり
f0291155_17145881.jpg

実物をデザイン化した型紙にて、お洒落なおしどりにしてみようと思いカラフルな気取った色に彩色してみました。


f0291155_16353117.jpg
f0291155_16411283.jpg

袱紗に和服の柄の一模様を選び型紙を作り中の柄はフリーハンドで描きました。
f0291155_16414252.jpg

f0291155_16142362.jpg

 狩衣(かりぎぬ)堂上家の蹴

本来は狩猟の際に用いられた軽快な衣服。その軽快さが喜ばれ旅行着にも用いられたようです。冠直衣姿の高位の人々と烏帽子狩衣姿の人々などが一緒に遊ぶ様が描かれている「年中行事絵巻」(12世紀後半)第三巻の絵を反物生地に友禅にて描きました。
f0291155_10321843.jpg

カラスウリを、よりカラフルに面白おかしく葉っぱや、つるを多色の友禅染料を使って作成してみました。
f0291155_21194979.jpg

ブルーの無地のブラウスの前身ごろに同系色の牡丹を手描き友禅で描きました
f0291155_2145550.jpg

[PR]
by shodais | 2013-06-08 17:20

18世紀の扇

神戸ファッション美術館より18世紀の扇

1)フランスと云えばパリ・パリと云えばファッションの都として有名。
美術・絵画・彫刻・服飾・建築・工芸の分野で注目の的であった。繊細さ軽快さ曲線を多用するインテリア等などのロココ様式は、18世紀にルイ15世のフランス宮廷から始まりヨーロッパ諸国に伝わっていった。
2)王侯・貴族の優雅な趣味と、その暮らしぶりが伺える様々な当時の様子を考えると一般庶民とは矢張りかけ離れ過ぎていただろうと感じられる。1789年のフランス革命以後は厳格な古典主義に取って代られ急速にロココ様式も衰えていった・・・・

f0291155_21211768.jpg

f0291155_21214353.jpg
f0291155_21215341.jpg
f0291155_2122321.jpg
f0291155_21221545.jpg
f0291155_21222513.jpg
f0291155_21223780.jpg
f0291155_2122478.jpg

[PR]
by shodais | 2013-06-07 21:15

マンション

マンションの庭と待合
f0291155_16352194.jpgf0291155_16354473.jpgf0291155_163608.jpgf0291155_16361758.jpgf0291155_16363618.jpgf0291155_16365271.jpgf0291155_1637870.jpgf0291155_16373270.jpg
f0291155_16374664.jpg

[PR]
by shodais | 2013-06-07 16:33

歌碑

花しのぶ
f0291155_2005126.jpg

或る日 南阿蘇野草園を散策中に 大きな石に歌碑が刻んで有
り、立ち止まって見ると 私のハンドルネーム「花しのぶ」の字が
目に付き 思わず持参のデジカメで撮ってみました。


美智子皇后の御歌
f0291155_208469.jpg
 
[PR]
by shodais | 2013-06-06 20:08

天武天皇の皇子の御歌
「石の面を流れる水が、音を立てて流れて落ちてゆく滝のほとりには、もう蕨が萌え出している。春がきたのだなあ」
私の大変好きな歌の一首です。

f0291155_20253655.jpg

日本の初代総理大臣・伊藤博文
(茶掛けとして、伊藤博文(春畝)公の詩を書いてみたもの)
f0291155_15372290.jpg

日は出る 扶桑東海の隈 長風忽ち岳雲を払って来る、凌しょう一万三千尺 八朶の芙蓉 面に当たって開く
f0291155_15524936.jpg

万葉集より 大伯皇女(おおくの ひめみこ)の歌
  わが背子を 大和へ遣ると さ夜更けて
              暁露に 我が立ち濡れし

f0291155_10472478.jpg

万葉集より 石川郎女 (いしかわの いらつめ) の歌
 我を待つと 君が濡れけむ あしびきの
           山のしづくに ならましものを
             万葉時代のトップをいく女性で、郎女(いらつめ)は才能のある女性につけられる習慣で、宮廷の 男性を大いに悩ませた方らしいです。       
        
f0291155_17484449.jpg

万葉集より  大伴書持 (ふみもち)・・歌
 あしびきの 山の紅葉葉今宵もか
           浮かびゆくらん やまかわの瀬に
f0291155_21541912.jpg


夕桜 今日も昔に なりにけり (一茶)f0291155_2214858.jpg


花いばら 故郷の路に 似たる哉  (蕪村)
f0291155_2211338.jpg

  
f0291155_13324753.jpg

 升色紙・・・・・伝・・藤原行成筆   古筆臨書  と毛春れ盤 たちなむと春るあ万久も能當ら耳毛ひと能お毛保ゆる可那
(ともすれば たちなむとするあまぐものそらにもひとのおもほゆるかな) 
   
f0291155_21145465.jpg

[PR]
by shodais | 2013-06-06 15:38

平安王朝の彩り

f0291155_14175037.jpg


移ろいゆく自然に、人生の儚さを重ねた王朝人たち・紫式部の文学により日本の色も鮮やかに甦っている。紫(むらさき)紅(くれない)はなだ 萌黄(もえぎ)二藍(ふたあい)その他・・・・・

これは、麻100%の生地・縦116cm・横80cmに京友禅の染料を使って手書き友禅で一生懸命作成した自分では気に入っている自作の一つです。我が家のリビング壁に展示 当時必死で手がけた頃を思い出しながら」懐かしさいっぱいです

[PR]
by shodais | 2013-06-06 14:17